M&Aの単純な方法|株式譲渡で失敗しない大原則|駆け引きを成功に導く
男の人

株式譲渡で失敗しない大原則|駆け引きを成功に導く

M&Aの単純な方法

ビル

会社をそのまま存続

M&Aにはいろいろな形態があり、広い意味では合弁会社を設立したり、経営権を求めず出資したりするのもM&Aの一種です。しかし一般的には会社の合併や分社化、そして事業の譲渡と買収がM&Aと呼ばれます。株式譲渡は経営権を移転するための最も単純な方法のひとつで、特に中小企業では頻繁に行なわれます。株式を上場している企業では、経営権を取得するために公開買付などの手続きを行なう必要があります。しかし非公開株の株式譲渡は、当事者間の契約だけで成立し、株主名簿を書き換えれば経営権が移転されます。オーナーの名義は変わりますが、会社をそのままの形で存続させることができ、手続きが簡単で時間もかからないという特徴があります。

譲渡制限に注意

会社の定款によっては、株式譲渡に制限が設けられている場合があります。同族会社などに多いケースですが、この場合には取締役会や株主総会での承認が必要になります。また株式譲渡が成立しても、株主名簿を書き換えなければ経営権は譲渡されないので注意してください。会社がそのまま存続することは、メリットでもありますがデメリットにもなり得ます。買収した会社が予期せぬトラブルや簿外負債を抱えていた場合、それも含めて引き継ぐことになるからです。このようなリスクを防ぐためにも、買収前の十分な調査は不可欠です。財務諸表には表れない問題点をはっきりさせるには、専門家によるコンサルティングサービスを利用するのが効果的です。